[全建連]  Advanced Value Creation 賃貸住環境改善と土地活用提案事業のあるべき姿を探求します

等価交換とは土地所有者が土地を建設会社に提供し、建設会社が建てた建物(ビルやマンション等)
の一部を取得するというものです。つまり、土地所有者が自分の提供した土地と、建設会社が建てた
建物の一部を交換するのです。この方法は、建設資金が不要で安定的に高収入が得られるという
メリットがあります。一般に以下の3つが代表的な等価交換とよばれているものです。

@全部譲渡
  土地所有者は土地をデベロッパーなどに譲渡し、建物完成後、建物の区分所有権とそれに見合う
土地の共有の持ち分を取得します。この方式は、土地を再取得するため、所有権移転登記のための
登録免許税とか不動産取得税が余分にかかります。地権者が複数のときとか交換に伴うリスクが
考えられるときなどに使われます。

A部分譲渡
  土地所有者は土地の一部を譲渡し、それに見合った建物の区分所有権を取得する方法です。
土地の登録免許税、不動産取得税はデベロッパー側だけの負担となり、土地所有者は建物の
分だけで済みます。

B借地権
土地に借地権を設定し、その代価と建物を交換する方法です。土地所有者には地代収入が期待
できますが、取得分は少なくなるケースがあります。